複数読取り・検索機能・位置確認

areaCheck画面上で複数のカラービットを同時に読み取ることができます。バーコードや2次元コードは、基本的に一度に一つのコードを読み取りながらの利用となりますが、大量のカラービットは一括で読み取り可能です。多数のものを管理・検品したい場合などに作業効率が向上します。

一度に複数のカラービットを読み取ることができ、認識画面上でコードの位置や順番が特定できるので、簡単に目的のものを探し出すことができます。目で見た感覚そのままに検索結果が画面上に表示されるので、直感的な運用が可能です。実用例としては大量の書類やファイル、カルテの管理などで強みを発揮します。キャプチャ画像をデータとともに保管しておけば、トレーサビリティも確保できます。既にこの方式で金融機関や医療機関の書類管理がされています。

コメントは停止中です。